群馬工場の概要

加工工場

所在地
〒370-0426 群馬県太田市世良田町3023
敷地面積
27,976㎡
設立年月日
2006年8月
立地条件
鉄道・高速道路の結節エリアPDFファイル
地震・台風等の自然災害の少ないエリアPDFファイル

環境マネジメントの推進

ISO14001

群馬工場ではISO14001に基づいた環境マネジメントシステムを確立しています。


排気・排水管理の強化

大型排水処理設備

大型排水処理設備 (処理能力:20㎥/h)
ニッケルやリン、フッ素、窒素等、環境負荷物質をシャットアウトする最新鋭の大型排水処理設備を有しています。
河川放流前の最終槽では、水質の安全の証として金魚の飼育を行っています。

大型排ガス清浄装置/スクラバー

大型排ガス清浄装置/スクラバー (処理能力180,000㎥/h)
大型スクラバーを6台設置し、全工場内の空気を15分で排気する能力を有しています。
スクラバー内部に充填材を取り入れることで、有害物質の吸着率を大幅に向上させています。

資源のリサイクル

ReVEX®

ReVEX®PDF(日本カニゼン・(独)産総研共同開発 国内特許取得済)
無電解ニッケルめっき廃液からニッケルを回収するリサイクル装置を導入しています。
不純物(Fe2+・Zn2+)を抽出除去した後にニッケルを抽出する2段階溶媒抽出法を採用し、また抽出助剤の開発により、抽出時間を従来の1/6に短縮しています。

ローエミッション

CirVEX®

CirVEX®PDF(日本カニゼン・東京工業大学共同開発 国内特許出願中)
無電解ニッケルめっき液を長寿命化する設備を導入しています。
めっき液中の必要成分の損失を極小化し、有害成分のみを除去するもので、当社独自の2段階電気透析法により実用化したローエミッション設備です。

亜鉛除去装置

亜鉛除去装置
亜鉛置換工程を経た製品によるめっき液中への亜鉛を混入防ぐことで、品質の安定化とめっき液を延命化する当社独自の装置です。

環境法令規制に対応した製品

鉛フリーへの取り組み

WEEE、RoHS指令対応製品として鉛フリーめっき液への全面移行を積極的に進めています。


品質管理体制

ISO9001

群馬工場ではISO9001の基準に則した品質管理体制を構築しています。


品種別ライン管理体制

多岐にわたる高機能めっきの品質を安定させるため、生産ラインを品種毎に細分化した「プロ集団」のライン体制を導入しています。
各生産ラインは受入検査完了後、最終検査・梱包・出荷まで一元管理しており、品質の安定化のみならず納期の短縮や仕様変更依頼へのスムーズな対応等、付加価値競争力の強化が図られ ています。

品種別ライン管理体制


加工工程