カニゼンめっき用フィルターポンプ・SFVPシリーズ

SFVPシリーズ

一般的に化学反応を利用した無電解ニッケルめっきを行う場合、薬液の温度は高温(80~95℃)の環境下で長時間の作業が行われます。
品質を考慮した場合、めっき液は常に清浄であることが重要ですが、連続生産の場合ターン数(MTO)やめっき作業が進むにつれて、めっき液中の不純物は増加していく傾向にありめっき不良の大きな要因となります。

当社のSFVPフィルターポンプは、高温下で長時間行われるめっき作業中にめっき液を常時循環させながら、めっき不良の原因となるゴミや埃などの不純物を取り除くフィルター濾過装置です。
使用している竪型ポンプは、接液部にステンレスを使用しており液漏れを防止するために特殊メカニカルシールを採用することにより、運転中は液漏れがな く安全にご使用いただけます。
フィルターハウジング部には、ステンレスとパイレックスガラスを使用し、カートリッジフィルターの詰まりや液の状態が常時目視で確認できる様になっています。(SFVP-Ⅴ型は除く)


フィルターポンプの型式

  濾過量
(L/min)
50/60 Hz
めっき槽
容量
(L)
濾過面積

(㎡)
フィルターサイズ

本数
SFVP-Ⅰ 60/80 100 ~ 500 0.65 250mm×2
SFVP-Ⅱ 90/110 500 ~1000 1.3 250mm×4
SFVP-Ⅲ 130/160 1000 ~1500 2.6 500mm×4
SFVP-Ⅳ 260/300 1500 ~3000 3.9 750mm×4

※濾過量は目安であり、設置条件や御使用になられる条件等により異なる場合があります。
※上記表以外にも大容量のめっき槽にも対応できるフィルター・ポンプをご用意しております。

上記以外詳細に関しましては、お手を煩わせて恐縮ですがお近くの営業所にお問い合わせ下さいますようよろしくお願いします。


お問い合わせ