企業理念

  1. 最高の品質とサービスを顧客に提供するために、永続的な企業の成長と発展を果たします。
  2. 個を尊重し、安全で働きやすい職場環境づくりを目指します。

2006年4月1日 制定


トップメッセージ

代表取締役社長 川口 純

代表取締役社長 川口 純

日本カニゼン株式会社は、1955年に日本で初めての無電解ニッケルめっき加工業、めっき液の製造・販売業として創業して以来、半世紀を超えた現在まで、皆様方の厚いご支援と信頼を頂いて参りました。

当社の社名でもあるKANIGEN(カニゼン)とは、C(K)atalytic(触媒的に)、Nickel(ニッケルを)、Generation(生成する)の頭文字から命名されたものです。

「カニゼンめっき」の名称は、無電解ニッケルめっきの代名詞として市場に深く浸透しており、素材・形状を選ばずにめっきが可能で、かつ均一成膜性による優れた作業性・量産性と、耐食性、耐磨耗性、潤滑性等に代表される種々の皮膜特性を提供可能な“高機能めっき”です。

創業以来、当社の無電解めっき技術は、自動車産業をはじめとした産業界のニーズに幅広く応えると共に、その発展に微力ながら貢献してきたものと自負しております。

当社は2002年より表面処理分野の国内最大手である日本パーカライジング株式会社グループに参入し、国内市場はもとより、海外市場を視野に入れたグローバル企業として、

Re-Branding “KANIGEN”

をキャッチフレーズに邁進して行く所存です。

今後ともパーカライジング・グループの優れた表面改質技術と当社の無電解めっき技術の融合を意識しつつ、独創性に溢れた研究開発力やものづくり力の研鑽に努めて、めっき・表面処理技術の進歩・発展に貢献していくと共に、地球環境保全をはじめとした社会的責任・使命を追求して参ります。

今後とも皆様方のより一層のご支援をお願い申し上げます。